WebServe eGenomeOrder 新規会員登録のお申し込み お届け先の登録・修正 製品のご注文はこちら

遺伝子検査 カンピロバクター検出試薬キット

 製品名 Loopampカンピロバクター検出試薬キット
カンピロバクター検出試薬キット
 標準小売価格 価格一覧へ をご参照ください。
 製品説明

「Loopampカンピロバクター検出試薬キット」は、食品または環境由来検体から、LAMP法により Campylobacter jejuni (以下、 C. jejuni )の保持する酸化酵素関連遺伝子Oxidoreductase gene の核酸配列を認識するプライマー、および Campylobacter coli (以下、 C. coli )の保持するアミノ酸合成酵素関連遺伝子Aspartate kinase geneの核酸配 列を認識するプライマーを用いて核酸の増幅反応を行い、その増幅の有無から特異的に C. jejuni および C. coli を検出します*。

食品からのカンピロバクターの検査には、一般的に培養法で約5日ほどかかりますが、「Loopampカンピロバクター検出試薬キット」」では、食品からの前増菌培養の翌日に、抽出試薬で簡便に遺伝子を抽出しLAMP法によりC. jejuni の酸化酵素関連遺伝子(Oxidoreductase gene)、およびC. coli のアミノ酸合成酵素関連遺伝子(Aspartate kinase gene)を迅速に増幅・検出することで、わずか2時間以内でカンピロバクターを検査できます。

*:本キットは C. jejuni C. coli を鑑別するものではなく、いずれか一方、あるいは両方が存在した場合に検出することができます。


専用の「Loopampリアルタイム濁度測定装置LA-320C※1」または「Loopampリアルタイム濁度測定装置RT-160C※1」を用いて、増幅反応副産物であるピロリン酸マグネシウム(白色沈澱物質)による濁度の増加を測定することによって検出します。

本試薬の使用方法につきましては、製造販売元サイト[Eiken GENOME SITE](下記)の製品取扱説明書をご参照ください。


 キットの内容
製品コード LMP721
包装 48テスト分
貯法 -20℃に保存
有効期間
(製造月より)
1年間

Extraction Solution for Foods (EX F) 1.8 mL ×2 tube
1M Tris-HCl:pH7.0 (Tris) 1.0 mL ×1 tube
2× Reaction Mix. (RM) 0.6 mL
×1 tube
Primer Mix. Cam (PM Cam) 0.12 mL ×1 tube
Distilled Water (DW)
1.0 mL ×1 tube
Bst DNA Polymerase (Bst DNA Polymerase) 60 μL ×1 tube
Positive Control Cam (PC Cam)
0.1 mL ×1 tube

( )内は試薬チューブに記載されている表示です。

 お届け方法 栄研化学株式会社では、製品を安定した品質でご提供するため、「クール宅急便(冷凍タイプ)」にてお届けしております。

注意:お受け取り後は、製品の品質保持のため速やかに冷凍庫保存(−20℃保存)いただくようお願いいたします。


 パンフレット

カンピロバクター検出試薬キット(270KB)
食中毒原因菌検出試薬キットシリーズ(246KB)


 販売元 富士通株式会社(→ 販売サイト:e Genome Order(イーゲノムオーダー)
 製造販売元 栄研化学株式会社(→ LAMP法の技術・製品情報:Eiken GENOME SITE
 製品解説


カンピロバクター食中毒とは

近年、カンピロバクター食中毒は増加しており、平成12年以降は、病因物質別食中毒発生件数において1位または2位となっており、最も多い食中毒の一つです。カンピロバクター属の中で食中毒と関係が深いのは、食品衛生法施行規則にも記載されているCampylobacter jejuni (カンピロバクター・ジェジュニ、以下C. jejuni )とCampylobacter coli (カンピロバクター・コリ、以下C. coli )であり、食中毒患者から検出される殆どがC. jejuni C. coli で、その大部分がC. jejuni です。カンピロバクターは家畜や鳥など、動物の腸管に常在しており、汚染された食品から感染して下痢、腹痛、発熱などの食中毒症状を発症します。特に鶏肉はカンピロバクターの汚染度が高く、鶏肉関連食品がカンピロバクター食中毒の原因となることが多いため、生の鶏肉の調理や加工には十分な注意が必要とされています。 食品からのカンピロバクター検査は、「食品衛生検査指針」に記載された培養法が一般的ですが、増菌培養、分離培養、鑑別試験など、検査に約5日の日数を必要とします。
 

価格一覧
製品情報
ノロウイルス関連試薬
ノロウイルスG妓―仍醋凜ット
ノロウイルスG狂―仍醋凜ット
食中毒(食品)関連試薬
L.monocytogenes検出試薬キット
カンピロバクター検出試薬キット
サルモネラ検出試薬キット
大腸菌O157検出試薬キット
腸管出血性大腸菌O抗原タイピングプライマーセット
腸管出血性大腸菌検出試薬キット
腸管出血性大腸菌検出試薬キット(外因性コントロール入り)
ベロ毒素(VT)タイピング試薬キット
植物関連
Ca. L. solanacearum
SPV2
PepMV
イチジクモザイク病診断キット
ウリ類退緑黄化ウイルス検出キット
カンキツグリーニング病診断キット
高温性ピシウム属菌
コシヒカリLAMP判別キット
タバココナジラミバイオタイプQ検出キット
トマト黄化葉巻病診断キット
ファイトプラズマ検出キット
ファイトプラズマプライマーセット 1 -Ca. P. japonicum-
ファイトプラズマプライマーセット 2 -Ca. P. asteris-
ファイトプラズマユニバーサル検出キット
プラムポックスウイルス検出キット
プラムポックスウイルス検出キット Ver.2 for Turbidimeter
マツ材線虫病診断キット
動物関連
シカ雄雌判別キット
ニホンジカ・カモシカ識別キット
(動物種判別)ブタ用
ヨーネ菌
水産業関連
赤潮原因プランクトン検出キット1-カレニアミキモトイ-
赤潮原因プランクトン検出キット2-シャットネラ属-
基礎関連試薬
DNA増幅試薬 D
DNA増幅試薬キット
DNA増幅試薬セット-動物種・植物病検査専用A-
DNA増幅試薬セット-動物種・植物病検査専用B-
LAMP-FLP法用DNA増幅試薬セット
RNA/DNA増幅試薬 D
RNA増幅試薬キット(RT-LAMP)
コントロールセット DNA
コントロールセット RNA/DNA
簡易核酸抽出試薬
蛍光目視検出試薬
専用RNA増幅試薬
専用DNA増幅試薬
2x LAMP Master Mix
プライマー
   セット製品
Avian Flu H7 (Avian Influenza Virus Subtype H7)
KHV (Koi herpesvirus)
L. londiniensis
LAMP-FLP法用プライマー・プローブセット
Measles Virus
Mumps Virus
WNV (West Nile Virus)
   カスタムオリゴDNA合成
LAMP Primer(ユーロフィンジェノミクス社製)
LAMPプライマー(ニッポンジーン マテリアル社製)
   カスタムオリゴ(固定塩基)
MERSコロナウイルス
耐熱性好酸性菌(AAT)
鳥インフルエンザA(H7N9)
冷水病菌
器具・消耗品
遺伝子検査ツールボックス
反応チューブ
ピペットチップ
マイクロチューブ
測定装置
LAMP法用測定装置LF-8
エンドポイント濁度測定装置LT-16
等温増幅蛍光測定装置Genie(R)III、及び関連製品
サービス
Genie(R)III用設計&合成サービス
製品のご注文はこちらから