遺伝子検査 カンピロバクター検出試薬キット

Loopamp®カンピロバクター検出試薬キット

Loopamp®カンピロバクター検出試薬キット

製品名

Loopamp®カンピロバクター検出試薬キット

価格一覧をみる

製品説明

「Loopampカンピロバクター検出試薬キット」は、食品または環境由来検体から、LAMP法により Campylobacter jejuni (以下、 C. jejuni )の保持する酸化酵素関連遺伝子Oxidoreductase gene の核酸配列を認識するプライマー、および Campylobacter coli (以下、 C. coli )の保持するアミノ酸合成酵素関連遺伝子Aspartate kinase geneの核酸配 列を認識するプライマーを用いて核酸の増幅反応を行い、その増幅の有無から特異的に C. jejuni および C. coli を検出します*。

食品からのカンピロバクターの検査には、一般的に培養法で約5日ほどかかりますが、「Loopampカンピロバクター検出試薬キット」」では、食品からの前増菌培養の翌日に、抽出試薬で簡便に遺伝子を抽出しLAMP法によりC. jejuni の酸化酵素関連遺伝子(Oxidoreductase gene)、およびC. coli のアミノ酸合成酵素関連遺伝子(Aspartate kinase gene)を迅速に増幅・検出することで、わずか2時間以内でカンピロバクターを検査できます。

*:本キットは C. jejuniC. coli を鑑別するものではなく、いずれか一方、あるいは両方が存在した場合に検出することができます。

専用の「Loopampリアルタイム濁度測定装置LA-320C※1」または「Loopampリアルタイム濁度測定装置RT-160C※1」を用いて、増幅反応副産物であるピロリン酸マグネシウム(白色沈澱物質)による濁度の増加を測定することによって検出します。

本試薬の使用方法につきましては、製造販売元サイト[Eiken GENOME SITE](下記)の製品取扱説明書をご参照ください。

キットの内容

製品コード LMP721
包装 48テスト分
貯法 -20℃に保存
有効期間(製造月より) 1年間
Extraction Solution for Foods (EX F) 1.8 mL ×2 tube
1M Tris-HCl:pH7.0 (Tris) 1.0 mL ×1 tube
2× Reaction Mix. (RM) 0.6 mL ×1 tube
Primer Mix. Cam (PM Cam) 0.12 mL ×1 tube
Distilled Water (DW) 1.0 mL ×1 tube
Bst DNA Polymerase (Bst DNA Polymerase) 60 μL ×1 tube
Positive Control Cam (PC Cam) 0.1 mL ×1 tube
  • ( )内は試薬チューブに記載されている表示です。

お届け方法

栄研化学株式会社では、製品を安定した品質でご提供するため、「クール宅急便(冷凍タイプ)」にてお届けしております。

注意

お受け取り後は、製品の品質保持のため速やかに冷凍庫保存(-20℃保存)いただくようお願いいたします。

販売元/製造販売元

販売元:富士通株式会社販売サイト:e Genome Order(イーゲノムオーダー)

製造販売元:栄研化学株式会社LAMP法の技術・製品情報:Eiken GENOME SITE

製品解説

カンピロバクター食中毒とは

近年、カンピロバクター食中毒は増加しており、平成12年以降は、病因物質別食中毒発生件数において1位または2位となっており、最も多い食中毒の一つです。カンピロバクター属の中で食中毒と関係が深いのは、食品衛生法施行規則にも記載されているCampylobacter jejuni (カンピロバクター・ジェジュニ、以下C. jejuni )とCampylobacter coli (カンピロバクター・コリ、以下C. coli )であり、食中毒患者から検出される殆どがC. jejuniC. coli で、その大部分がC. jejuni です。カンピロバクターは家畜や鳥など、動物の腸管に常在しており、汚染された食品から感染して下痢、腹痛、発熱などの食中毒症状を発症します。特に鶏肉はカンピロバクターの汚染度が高く、鶏肉関連食品がカンピロバクター食中毒の原因となることが多いため、生の鶏肉の調理や加工には十分な注意が必要とされています。 食品からのカンピロバクター検査は、「食品衛生検査指針」に記載された培養法が一般的ですが、増菌培養、分離培養、鑑別試験など、検査に約5日の日数を必要とします。

注意

本製品は研究用試薬または食品・環境分析を目的とした検査に使用するための試薬です。ヒト、動物の医療、診断またはその補助を目的としては使用しないでください。

Page Top