遺伝子検査 ベロ毒素(VT)タイピング試薬キット

Loopamp®ベロ毒素(VT)タイピング試薬キット

Loopampベロ毒素(VT)®タイピング試薬キット

製品名

Loopamp®ベロ毒素(VT)タイピング試薬キット

価格一覧をみる

製品説明

「Loopampベロ毒素(VT)タイピング試薬キット」は、食品微生物検査で腸管出血性大腸菌と疑われた菌株の菌希釈液を検体とし、抽出試薬で簡便に抽出した核酸を、LAMP法によりVT1およびVT2に特異的なプライマーで認識・増幅させ、その増幅の有無から、ベロ毒素をタイピングします。

このタイピングの結果は食中毒発生時の原因調査などに利用することができます。

専用の「Loopampリアルタイム濁度測定装置LA-320C※1」または「Loopampリアルタイム濁度測定装置RT-160C※1」を用いて、増幅反応副産物であるピロリン酸マグネシウム(白色沈澱物質)による濁度の増加を測定することによって検出します。

本試薬の使用方法につきましては、製造販売元サイト[Eiken GENOME SITE](下記)の製品取扱説明書をご参照ください。

※1 「Loopampリアルタイム濁度測定装置LA-320C」及び、「Loopampリアルタイム濁度測定装置RT-160C」は栄研化学株式会社にて販売されております。

キットの内容

包装 24テスト分
貯法 -20℃に保存
有効期間 1年間
Extraction Solution for Foods. (EX F) 1.8mL ×1 tube
Reaction Mix.VT1(RM V1) 0.5mL ×1 tube
Reaction Mix.VT2(RM V2) 0.5mL ×1 tube
Bst DNA Polymerase (Bst DNA Polymerase) 60μL ×1 tube
Control DNA VT1(Cont V1) 0.1mL ×1 tube
Control DNA VT2(Cont V2) 0.1mL ×1 tube
  • ( )内は試薬チューブに記載されている表示です。

お届け方法

栄研化学株式会社では、製品を安定した品質でご提供するため、「クール宅急便(冷凍タイプ)」にてお届けしております。

注意

お受け取り後は、製品の品質保持のため速やかに冷凍庫保存(-20℃保存)いただくようお願いいたします。

販売元/製造販売元

販売元:富士通株式会社販売サイト:e Genome Order(イーゲノムオーダー)

製造販売元:栄研化学株式会社LAMP法の技術・製品情報:Eiken GENOME SITE

製品解説

ベロ毒素(VT)とは

腸管出血性大腸菌 EHEC(Enterohemorrhagic Escherichia coliE.coli ))は、毒性の強いベロ毒素(Verotoxin;VT)を産生することからVTEC(Verotoxin-producing E.coli )と呼ばれています。飲食物等を介して経口感染し、出血性の下痢、腹痛、発熱などの食中毒症状を起こしますが、まれに溶血性尿毒症症候群(HUS)を併発し、死に至ることもあります。 腸管出血性大腸菌の産生するベロ毒素には、2つの遺伝子型(ベロ毒素遺伝子1型;VT1、およびベロ毒素遺伝子2型;VT2)が知られています。VT1は、赤痢菌が産生する志賀毒素(Shigatoxin;Stx)と同一であり、VT2はVT1と生物学的性状は同じですが、アミノ酸相同性が約55%で抗原性が異なります。腸管出血性大腸菌はVT1とVT2のどちらか一方、または両方を産生します。

注意

本製品は研究用試薬または食品・環境分析を目的とした検査に使用するための試薬です。ヒト、動物の医療、診断またはその補助を目的としては使用しないでください。

Page Top